みんなのためのブログ 交流の場 提案の場 出会いの場 横ノリ系好きが集まる場所
| Admin | Write | Comment |
カウンター





ブログ内検索
メンバーお気に入り一覧









今月の最安光サービスプロバイダを探せ!
テクノラティお気に入りに追加する


Online Videos by Veoh.com
バーコード
みなさんからのコメント
0z08mil9ng [04/09]
0z19iwx8ci [04/06]
2h25nks7jw [03/27]
3u06jdr1jv [03/22]
6t91esn8zf [03/21]
8d06xex4sw [03/20]
7t65fkz7el [03/18]
2r63vpc6zk [03/14]
6b90vxt3xr [03/11]
立川のお兄ちゃん [01/14]
Jeffreyduri [01/14]
水戸泉 [01/09]
水戸泉 [01/09]
MatthewOi [01/04]
P [12/25]
ゆうすけ [12/24]
マサ [12/21]
立川のお兄ちゃん [12/20]
fliftewsoorse [12/20]
objeklyiodide [12/19]
水戸泉 [12/17]
水戸泉 [12/17]
水戸泉 [12/17]
水戸泉 [12/17]
立川のお兄ちゃん [12/15]
管理人プロフィール
HN:
マサ
性別:
男性
趣味:
スノーボード、ジョギング、テニス
自己紹介:
//仕事//
メーカー海外営業(台湾・東南アジア担当)

//保有資格//
TOEICスコア:855、貿易実務検定C級

//スノーボードについて//

・・使用道具・・
・ヘルメット:
R.E.D. SHAUN WHITE TRACE

・ゴーグル:
A-FRAME, CROWBAR

・ジャケット:
BURTON TRACTION JACKET

・パンツ:
HOLDEN

・グローブ:
ESKA

・インナー:
(上)Patagonia Capilene3+Core skin jacket(下)CW-X

・ブーツ:
Salomon F22

・板:
BC-STREAM S, YONEX NEXTAGE DR

・ビンディング:
Burton: C60, FLUX RK30

//お気に入り音楽//
Monkey Majik
Sheryl Crow

//最近読んだ本(読んだ順)//
自分をグローバル化する仕事術
万病を防ぐ「水」の飲み方・選び方
アレルギーの9割は腸で治る!
汚れた腸が病気をつくる―腸をクリーンにする究極的方法
バフェットの銘柄選択術
生きてるだけでいいじゃない 中島デコ
チェンジメーカー 勝間和代
金持ち父さん、貧乏父さん
サービスブランディング
ディズニー7つの法則
「頭のいい人」はシンプルに生きる
決断力
バビロンの大富豪
孫子の兵法
なぜ占い師は信用されるのか?
日本人の足を速くする
奇跡のトレーニング
原因と結果の法則

//目指す英語レベル//
・クリス・ペプラーばりのクールなベシャリ!
・洋画を字幕なしで見切る!
・外国のコメディー見て爆笑する!
どんなことでもご意見ボックス 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Masaより

 

コールドリーディングを読み終えました。コールドリーディングとは相手の言葉や反応を見ながらココロを読んで、未来の出来事を予言するよく占い師が使うテクニックだそうです。

この本は予言することによって、人と仲良くなったり、色んな場面で活かすことができるテクニックを具体例で紹介している本です。僕は上の本から読み始めましたが、初めてこの本を読む人は、下から読んだ方が基礎編と応用編が両方とも書かれていてわかりやすいと思います。ピンクの本は実践編といった感じです。

へーと思うこともいくつもあって、早速私生活で実践してみましたが、正直書いてあることがそのままうまく活かせるは結構難しいもので、新しい知識としてこれから徐々に自分のものにしていくのが一番いいと感じました。
ただ、今まで知らなかったコミュニケーションの方法としてはこれから思い返しながら、応用していけるような気がします。

考えてみると、僕が人に喜んでもらう、とか一緒に楽しむっていうことを真剣に考えだしたのは大学一年から四年間アルバイトをやっていたキャディがきっかけだったかもしれません。そう、ゴルフ場でお客さんをサポートするあのお仕事です。初めの一年間はどうやったらお客さんに喜んでもらえるかと試行錯誤しました。

そんなある日、お客さんに喜んでもらうには、キャディ+トークなんだと思うようになりました。つまり、仕事+自分を出してみようと思いました。それから、お客さんの考えていることを自分も考えてみて、プレーの話をしたり、時にははげましたり、全然関係ない話をしてみたり、色々経験した結果、ある時を境に、お客さんから帰りがけに、「ありがとう。」、「楽しかったよ。」と言ってもらえるようになりました。 もちろん同じ言葉でも、人によって言うタイミングや言い方に気をつけなければいけません。そんな場面に応じた間合いやタイミングのようなものを学べた気がします。

そういう意味では、相手の気持ちを察して理解しようとすることがコミュニケーションの方法の一つなのかもしれません。それからの三年間もとてもいい経験になりました。

あまり本の感想になっていないかもしれませんが、サザエさんの波平の次回予告ばりにうまくまとまったんではないかとと自己満足しながら今回は終了です。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[306] [304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295]
忍者ブログ [PR]